haru黒髪スカルププロは本当のアミノ酸シャンプーでした♪

2013年12月12日

アミノ酸系シャンプーharu黒髪スカルププロ」は、
頭皮と髪の毛に優しいアミノ酸系洗浄成分だから、
環境を壊さずに毛穴に詰まった汚れやフケ、皮脂などを洗浄してくれます♪

そんなシャンプーを使うためのワンポイントは、こちら。
力を入れてゴシゴシ洗わない!
1日に何度もシャンプーしない
洗浄力の強すぎるシャンプーを使わない

ゴシゴシと言っても、
爪を使ったりするのは厳禁ですが、
頭皮をマッサージするように揉んで洗い流すのは効果的です^^

また、頭皮の皮脂を必要以上に落とし過ぎると、
頭皮も荒れて潤いが放出、フケやかゆみ、さらには炎症といった原因にもなります。

巷に溢れている高級アルコール(石油)系洗浄成分や石けん系洗浄成分は、
洗浄力が強過ぎて頭皮環境を整えてくれる潤い分まで除去してしまいます。

ちなみに、市販されているシャンプーの大半が、
石油系か石けん系シャンプーのとちらかです。

CMで流れている有名商品も。

よく、「石けんが一番」なんてことを以前は聞きましたが、
昔は添加物の多いシャンプーが多く、
当時もっとも自然派な石けんに注目が集まっただけなんです。

石けんはもともとの性質が“アルカリ性”。
頭皮環境が本来“弱酸性”なので、合う訳がありませんよね。

「敏感肌には石けん」と未だに言い張っている方もいますが、
皮脂の取り過ぎにいいことは絶対にありません。

私は、どちらかと言うと皮脂の多い体質で、
さらに頭皮に炎症を起こしてしまうことも多々ありました。
だから、一時期はいろいろと悩み、
さまざまなシャンプーを使って改善を試みていました。

でも、一番の改善法だったのは、“お湯だけで洗う”だったのです。
当時はアミノ酸シャンプーが無く、綺麗に洗うことが大事なことのように、
強力な洗浄力のシャンプーが多く出回っていました。

だから、シャンプーや石けんよりも、お湯で洗う方法が一番だったのです。

皮脂は放っておくと、汚れとなって毛穴に詰まりますが、
お湯だけで余分な汚れや皮脂の80%以上は流れてくれます。

さらにしつこいタンパク質分が残ってしまう場合は、
塩を少し溶かしたお湯で洗うと残りの汚れも落ちてくれました。

炎症は綺麗さっぱりと無くなり、髪の毛のコシも出てくるようになりました。
このことで分かったのは、皮脂の取り過ぎでいいことは何もないということ。

皮脂はもともと肌や頭皮を守ってくれるもの。
だから皮脂を取り過ぎると、体が皮膚を守ろうとして余計に皮脂を分泌するんです。
それで、お湯だけにしたところ、必要以上に皮脂を取り過ぎないので、
徐々に正常な皮脂量に戻ったようです。

ただし問題が、頭皮の臭い(体臭)が多少残ってしまうということ。。
健康的にはなったけど、臭いに悩みがありました。

そこで出会ったのが、アミノ酸シャンプーです^^
少しシャンプー恐怖症になっていた私ですが、
臭いを改善するために少しずつ使うようにしてみました。

でもこれも、アミノ酸シャンプーといいながら、
悪い成分が入っているものもあるんですよね。
炎症が再発する場合は、即ヤメです。。

本当に自然派の頭皮に優しいシャンプーを探してやっと出会ったのが、
haru黒髪スカルププロ」だったんです *^^*

今は毎日普通に使っていますが、
全く問題がなく使っています♪
柑橘系のいい香りがさっぱりとしてとっても心地いい^^

天然由来成分100%で、安心の成分ばかりです♪
それもそのはずで、頭皮環境のプロ「ドクターオズ」サロンが
全面協力して作ったシャンプーですからね^^

>>100%天然由来haru黒髪スカルプシャンプー公式はこちら<<

posted by ハル at 16:35 | haru黒髪スカルプ・プロの評判と実力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする